弁護士に相談する注意点

弁護士残念なことに交通事故の被害にあってしまった場合は弁護士に相談することがメリットだと言えるでしょう。しかしながら弁護士に相談することの注意点もあります。そういった注意点について見ていきましょう。

まずは弁護士ならだれでもいいわけではないということです。人によって得意分野が違うように弁護士の中にも得意な分野が違うのです。それだけでなく、後遺障害等級を受けるために必要な検査などといった医学的な知識も必要になります。そのため交通事故分野に詳しい弁護士に依頼することが重要になります

それでは交通事故分野に詳しい弁護士候補を見つけたらどこに注目すればよいのでしょうか。まずは経験年数になります。交通事故分野に関わっている年数が長ければ長いほど分野は変わってきます。

肩書きだけでなく実際に面談や電話で話してみることも必要になるでしょう。無料相談できる弁護士事務所であれば是非活用して判断してください。この人は信頼していいのか、この人はきちんと説明をしてくれるかといったポイントに注目をしましょう。なぜ慰謝料や示談金を増額できるのかといったポイントを明確にしていなければ、交通事故に詳しくない弁護士と判断してよいでしょう。そのようなことから弁護士なら誰でもいいわけではなく、交通事故に詳しい弁護士ではないといけないことを覚えておきましょう。

推奨ホームページ・・・交通事故弁護士
弁護士に無料相談のできる法律事務所のサイトです。

弁護士に相談するメリット

弁護士に相談するタイミングについては前回説明しましたが、では弁護士に相談するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず思い当たるメリットは自分に味方がついてくれることでしょう。基本的に交通事故被害者は心細いものです。そのような状況の中で実際に相談することが出来る相手ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

お金交通事故被害に遭った時に弁護士へ依頼することの一番大きなメリットは、賠償金や示談金が増額することが多いと言われています。交通事故の分野では保険会社は被害者本人に対して、相場の水準よりも低い金額を提示することばかりです。しかし弁護士が介入することで、一気に示談金額が増えるケースがほとんどです。示談金が弁護士を間に挟むことによって相場水準の9割から10割まで増額することができます。

また交通事故被害に遭い、後遺症が残った場合には弁護士がいることによってよりよい後遺障害の等級を認定してもらえる可能性が高まります。

このように交通事故被害を弁護士に依頼するメリットは多くあるのです。実際に自分の味方が増えるだけでなく、示談金や慰謝料も上がり示談金額が増えることが期待できます。後遺症が残った時に障害認定をしてもらえるのも大きいでしょう。このようなことから交通事故被害に遭った時には弁護士に相談することが望ましいでしょう。

弁護士に相談するタイミング

だれもが交通事故の被害者になる可能性があります。また、交通事故に遭ってしまうと身体だけでなく精神面にもダメージを受けてしまいます。慰謝料や事故のことについて、法律の専門知識がある弁護士に相談するのが好ましいといえるでしょう。どのようなタイミングで弁護士に相談すればいいのでしょうか。

怪我どのタイミングで弁護士に相談するのがよいのでしょうか。適切なタイミングは治療が終了した直後がいいタイミングだといわれています。また重傷を負ってしまった場合には、事故の直後に相談をすることが大切です。一度示談成立してしまうと、後から内容を変更することや慰謝料をあげてもらうことはできないので、遅くなる前に弁護士に相談することが適切なタイミングだといえます。

弁護士に相談する方法としては、自分の加入している自動車保険の契約内容の中に弁護士費用特約がついていれば弁護士に相談することができると言われています。事故を起こした時や被害に遭った時にはすぐに弁護士に相談するべきです

このようなことから弁護士に相談するタイミングは重傷の場合は事故の直後、軽傷の場合には治療が終了した直後が望ましいと言えます。絶対にやってはいけないことは示談が終了した後にお金を請求することです。手遅れになる前に弁護士へ相談することをお勧めします。つづいては弁護士へ相談するメリットについて説明していきます。

交通事故被害の慰謝料に納得いかない!

交通事故不幸にも交通事故被害に遭ってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。まずは治療をすることが一番大切です。自分が被害に遭った場合には示談金を受け取りますが、実際にその示談金に納得できない場合はどうすればよいのでしょうか。

保険会社に直接、示談金に納得が出来ないことを訴えてもなかなか受け入れてくれてません。保険会社は出来るだけ示談金を安く抑えようとするだけでなく、交通事故被害の専門的な知識を持っていない人相手には強気な姿勢を見せます。そこで弁護士に相談することが大切です。実際に弁護士に相談することによって一気に示談金が上がるケースは多くあります。

またそれ以外にも弁護士に相談するタイミングは非常に大事です。示談が終わってから弁護士に相談しても、示談をやり直すことはできないため意味がなくなってしまいます。交通事故被害に遭った場合にはなるべく早いタイミングや、自分の治療が全て終わったタイミングで弁護士に相談することが重要になります。また、弁護士特約をつけている場合にはすぐに相談しましょう。

このサイトでは交通事故被害の慰謝料や示談金に納得が出来ない人のために弁護士に相談するタイミングをはじめ、弁護士に相談するメリットを紹介しています。もちろん弁護士と名前がついていればだれでもいいわけではありません。そのため弁護士に相談する注意点についても説明しています。交通事故被害に遭ってしまい、困っている人のための参考になれば幸いです。